ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

メニュー

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

Pepper

Pepper

Pepper

Pepper(ペッパー)は、人の表情から「嬉しそう」「悲しそう」といった感情を読み取り、その感情に合わせて対応を変えることのできる、世界で初めての人型ロボットです。

こねくり家にあるPepperは、その中でも開発者向けに販売されたモデルで、誰もが気軽にPepper専用のアプリを作り、新しい事(機能)を教えることができます。

また、専門的なプログラムといった難しい技術を使わなくても、誰でも簡単にアプリを作ることができます。

こねくり家で作ったPepperアプリ

こねくり家で作ってくれた作品を一部ご紹介します。
Pepperを使って作品を作るときの参考にしてみてはいかがでしょうか。

Pepperとお話ししてみるアプリ
Pepperとお話ししてみるアプリを作っている様子

自分の名前を読んでくれたり、胸の画面にイラストを表示させたりしながら、会話ができるアプリを作りました。
小学生でも1時間あれば簡単な会話ができるアプリを作ることが出来るようになります。
作りこめば毎日天気を教えてくれたり、違う事を話してくれるようなアプリも作ることが出来るようになります。

Pepperダンスアプリ
Pepperがダンスを踊っているところの写真

Pepperも人間と同じように首や体中の関節をまげて、色々な動きをすることが出来ます。
そこでテレビ画面を利用した演奏ツール「KAGURA」と動きを組み合わせて、音楽にのせてダンスを踊るアプリを作りました。
また、胸の画面と連動して、ダンスすることも出来るので、人間ではなかなかできない表現もPepperなら可能です。

Pepperが写真を撮ってくれるアプリ
Pepperが写真を撮ってくれるアプリで遊んでいる時の様子

Pepperが記念写真を撮ってくれるアプリを作りました。
Pepperの頭についているカメラと、胸についている画面をつかって、撮った写真を表示させてPepperがコメントをくれるアプリです。
ゆくゆく、ここから写真をツイートできたりしたら面白そうだなと思っています。

Pepperアプリを自宅でもつくれる無料ソフト

Choregraphe

Pepperアプリを作るのに、有料ソフトなどを買う必要はありません。
誰でもインターネットから簡単に無料でダウンロードできるChoregraphe(コレグラフ)というソフトを使って作ることが出来ます。

また、このソフトは、プロの現場でも同様に使われているソフトです。
使いこなすことが出来れば、様々な場面でエンジニアとして活躍することもできる技術です。

ご自宅のパソコンにインストールして使え、作ったアプリをこねくり家のPepperに入れて試したりできるので
ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ものづくりで使える機材

3Dプリンター
3Dプリンター

続きを読む

LEGOマインドストーム
LEGOマインドストーム

続きを読む

PC・タブレット・プリンター
PC・タブレット・プリンター

続きを読む

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。